モノクマは反面教師

 

 

 

 「ダンガンロンパは劇中劇世界」という内容から

ダンガンロンパの大神さくらが書いた遺書の後半部分の内容は解明可能なのだ

結論から言うと「劇中劇世界を示す証拠」についての記載なのだ

ポイントは「大神さくらは内通者」だと言う事である

メンバーの見張りや、未開放区画の見回りなどを大神さくらは行っているし

各個人の部屋に出入りできるマスターキーも所持している

監視を怠る内通者などいないし、監視を要求しない上役などいないからである

そして朝比奈がアルターエゴを発見した時、ロッカーの扉が開いていてことから

大神さくらが先にこれを発見したこともわかるのだ

不二咲が風呂場にアルターエゴを隠す姿を大神さくらに見せた上で

風呂場を調べろと命令されたのである

つまりアルターエゴ発見の第一人者は朝比奈ではなく大神だから

アルターエゴのことをモノクマは知っていたのである

「我には推理ができぬゆえ、これが何を意味するのかわからぬ」と記載した上で

これらを述べていたのだ

 

・苗木が目を覚ます以前、苗木達の部屋の見回りを行っていたのだが

そのときは確かに苗木のシャワールームのドアは壊れていなかった

 

・舞園と桑田が事件を起こした夜、見回りを行っていたが

そのときは確かにネームプレートはそのままだった

 

・山田が不二咲の手帳を発見する以前、つまりは不二咲と大和田が事件を起こした夜

大神さくらも大浴場やサウナ室を調べたのである

そのときは確かに不二咲の手帳はサウナ室にはなかった

 

・黒幕の指示でアルターエゴが入っていたロッカーの扉を開けた

しかし不二咲千尋殺人調査の時点では確かにアルターエゴはなかった

 

・セレスがアルターエゴを隠した時、ロッカーをくまなく調べたが

その時は確かにセレスが隠した場所にもアルターエゴはなかった

 

・苗木が発見した山田のカメラと写真の場所も事前に調べたが

その時は確かに山田のカメラも写真もなかった

 

・未開放時は大神さくらが自殺に使った毒薬も確かになかった

 

つまりこれらを大神は見ていなかったという内容なのだ

つまり5章で発見した大和田のつるはしもなかった事を意味する代物である

これは大神さくらに事件解決をやらせたくない事を意味する代物なのだ

これを読み上げることにより

「整合性が取れなくなったあまり自爆する」を苗木達が行うのをモノクマは懸念したから

これを読み上げなかったことが判明する図式なのだ

本気で絶望させたいのならこれを読み上げ、苗木達が自爆する姿を視聴者に見せ付けるだけでいい

だがこれをしなかった

これは悪役を演じる事で希望を持ち続けることの尊さを演出するのがモノクマの目的であり

「希望は絶望に打ち勝てる」がダンガンロンパのコンセプトだという事を示す箇所なのだ