全部悪夢

 「ダンガンロンパ世界は劇中劇世界」だと言う事がこの作品で明かされているが

これが事実だとすると、作中の不可解な点も説明がつくのである

「劇中劇世界だから起きていいこと」と考えるだけでいい

そしてここからこういうこともわかるのである

「ある種の不可解な点」とは「劇中劇世界特有の描写」だと言う事がわかるのだ

例えば「なぜか情報が漏れている」なり

「なぜか所持していないはずのアイテムを所持している」なり

「入手経路不明の武器を所持している」なり

「大人の事情ガン無視のご都合主義」なりである

いわゆる「突っ込みどころ」の事である

そしてこういう事が「全作品共通」の描写だと言う事から

「劇中劇世界」の表現こそ「物語の定義」だと言う事がわかるのだ

これが何を意味するのかというと

「常識の範疇を逸脱した世界」が「物語世界の定義」だという事にこそ手がかりがあるのだ

「劇中劇世界じゃない世界」だと「プロモーション」を表現する事になる

つまり「常識の範疇が逸脱された事例の紹介」にしかならない

言い換えれば「常識の範疇が逸脱された事態が起きることを本気で望んでいる」という事になる

つまり「神秘現象」なり「心霊現業」なり「オカルト現象」なりといった出来事が

起きる事を本気で望んでいる事になる

だが「劇中劇世界」だと、これらの現象が起きる事を本気で望んでいない事を表現する事になる

つまらない話ではあるが

「常識の範疇が逸脱された事例」が起きる事を望んでいないのが作家の本音であり

これらが起きる事を望んでいる人に作家は向いていない事が判明する共通点なのだ

では「彼ら」はなぜこういうのを描写するのか

「まあこれ冗談ですから」の元「劇中劇世界」だという事をちゃんと明かせば済む話である

「見栄」である

「常識の範疇が逸脱された世界でも自分は適応できるぞ」なり

「常識の範疇が逸脱された世界で自分は活躍できるぞ」なりといった事を表現するためである

しかしこれらが起きる事を「彼ら」は望んでいない

それどころが起きてほしくないから「劇中劇世界」にするのである

つまり「起きてほしくない出来事」という名の夢を表現するのが物語であり

「悪夢」の表現こそ作家のしている事だと言う事が判明するのである

つまり「物語世界全部悪夢の世界」だという事がわかるのである