イオンの死について

 イオンの死がスコアに読まれたというのは

「未曾有の反映」を起こすにはイオンの死は正式公表しなければならないことを意味する図式

つまり「未曾有の反映」を起こすには導師不在の期間が必要不可欠だと言う事になる

つまりこれを行うとローレライ教団にとって困る事があるから

イオンの死を伏せていた事が判明するのである

それ何かの手がかりこそイオンがレプリカだということを監視者達は知らなかったことである

つまり監視者の目を欺いてでもイオンの死を伏せておく必要がローレライ教団にはあり

「未曾有の反映」が「台無し」にしかねない真似をしてでも

イオンの死を伏せておく必要がローレライ教団にはあったということである

ここでのポイントは「イオン作成はルーク作成より後の出来事」だと言う事である

つまり「イオンの死は伏せられた」もまた

「ルーク作成によりスコアと違う展開になった」産物だと言う事である

つまりイオンの死は正式公表され、導師不在となったためしが実はある事を意味する図式であり

ローレライ教団にとって非常に困る内容だった事を意味する図式なのである

更なる手がかりは「アッシュを除く六神将の地位は同じ」

及び「カンタビレの地位もアッシュを除く六神将の地位と同じ」

及び「アッシュが六神将になれたのはルーク作成の賜物」

及び「カンタビレは左遷させられた」という点である

これはカンタビレが六神将となりそれが原因で六神将は内部分裂が起きていた事を意味する図式であり

これの「阻止」を行うためにカンタビレを左遷させただけの話だと言う事が判明するのである

さらにいうとシンクが存在するのもルーク作成の賜物

つまり「別の誰か」がシンクの代わりに六神将となっていたことを意味する

さらにいうとアリエッタはイオンの死を知らされていたことを意味する

つまりアリエッタに対しイオンの死を隠し通さなければならない理由もあり

それ何かの手がかりはジェイドがアリエッタを殺そうとするのをルークとイオンが阻止した場面である

言い換えればルークが存在しない「1週目世界」ではこれが行われず

ジェイドの手にかかりアリエッタは死んでいた事である

イオンが存在しないため阻止する決め手を欠いた状態になるからである

でもそれだとアリエッタは早期退場したことになる

早期退場した六神将が存在するのが「1週目世界」という事になる

これが何を意味するのかというと

「1週目世界でアリエッタは六神将にならなかった」を意味しており

「アッシュとシンクとアリエッタが六神将になれたのはルーク作成の産物」だと言う事を意味する図式なのである

つまり「シンクとアリエッタに代わる誰かはカンタビレの味方」のため

これの再現を「阻止」した事が判明するのである

つまり「カンタビレ有利」になるからイオンの死を伏せていた事が判明するのである

そしてそれ誰かの手がかりこそ「テイルズオブファンダム2」のティアとカンタビレのエピソードなのである

 これは「1週目世界でティアは六神将となっていた」に因んだエピソードであり

「ティアの味方」かつ「ローレライ教団関係者」に該当するのはアニスだという事から

「1週目世界でアニスは六神将になっていた」事も判明するのである

つまり「ヴァン派のリグレットとラルゴ」及び「カンタビレ派のティアとアニス」が対立する事になり

「カンタビレの発言力が大きくなる」のを阻止するためにイオンの死を伏せていた事が判明するのである

これが何を意味するのかというと「モースの発言力は失墜していた」を意味する図式であり

「1週目世界でモースは失脚していた」事が判明する図式なのである

つまりモースの発言力もまたルーク作成の賜物だと言う事が判明するのである

つまりルーク作成の影響を大きく受けた賜物こそイオンの死なのである

 

 

テイルズ オブ ファンダム Vol.2(ティアバージョン)

テイルズ オブ ファンダム Vol.2(ティアバージョン)