ジェイドが口ごもった理由

 「オリジナルが消えてなくなる現象」

ビッグバンのことをアッシュはこう解釈していた

これがアッシュが生き急ぐ理由だと知ったジェイドは

「ルークの人生はルークの人生だということを見失うな」という内容の発言のみを行う

そして「当たってほしくない仮説」を打ち立てていたことを告げるも

それが何かを明かさないというサブイベントが原作にはある

それ何かの手掛かりは「自分は消えてなくなる存在」という考えで

行動を行うという共通点がルークとアッシュにはあることと

スターと言うチーグルが実はビッグバン経験者だと言う事に

アッシュが気付いたという事をジェイドが突き止めたことである

これは「完全同位体レプリカはオリジナルの生き様まで模する存在」だという事を意味する

スターで例えるなら「実験動物扱いされる」という「生き様」をレプリカスターは「再現」した

そして「実験動物として死んだ」という「死にざま」までレプリカスターは「再現」した

つまり「生き様を決めるのは音素振動数」だという事になる図式であり

ここから「ルークが作成されなかった場合のアッシュの人生=ルークの人生」だという事にジェイドは辿り着いたことが判明するのである

しかしこれは「ルークが作成されなかった場合メシュティアリカはアッシュと付き合うことになっていた」

および「メリルは別の誰れか付き合あうようなった」にもなる図式なうえに

ラストでアッシュに向かってメシュティアリカが駆け寄る場面は「元鞘に戻った」の一種にしか過ぎなかったことになる説である

そしてこの説の「裏付け」こそPS3TOVのなりきりコスなのである

主人公であるユーリの衣装が「アッシュ」でエステリーゼの衣装が「メシュティアリカ」でフレンの衣装が「ルーク」なのは

「メシュティアリカ本当はアッシュの恋人」に因んだ配置なのが判明すると同時に

「メシュティアリカはルークとアッシュの両方と付き合っていた」をも意図した配置なのだ

しかしこの説は「スコアが生き様を決める」の「裏付け」にもなる説であり

「全ては音素振動数が決めること」にして

「音素振動数の研究を徹底的に行えばスコアの解読が可能」をも意味する説であり

「世界はスコアに支配されている」を「覆せない」にもなる説である

事実これを意味する設定である「シナリオ変更はなし」で3DSTOAは発売された

 言い換えれば「レプリカはただのコピー」にもなる説なのである

つまり「ルークはアッシュのコピーにしてスコアの支配を覆すことは不可能」を意味する説だから

ジェイドは口ごもったのである

そしてジェイドにとって当たってほしくなかったこの仮説は

「ユーリにアッシュの衣装をさせた」PS3TOV

「シナリオ変更は行われなかった」3DSTOAの存在により「正しかった」ことが判明するのである

そしてここからTOAには隠されたメッセージが存在することが判明するのである

「音素振動数」とは「遺伝子」のメタファー

つまり「遺伝子が世界を支配する」の暗喩こそ

「スコアに支配されている」だという事が判明するのである

つまり「遺伝子支配からの解放」こそTOAの隠されたコンセプトであり

「遺伝子支配を覆す方法はありませんでした」こそ3DSTOAだという事が判明するのである

 

 テイルズ オブ ヴェスペリア(初回封入特典:スペシャルバトル先行ダウンロードカード同梱) 特典 テイルズ オブ ジアビス なりきりコスチュームダウンロードカード付き - PS3