主人公像の正体

この号の「はじめの一歩」で「どこのでもいる感じのやつ」を主人公像にする意図が何なのかを明かす場面があるのだが

この内容から「無色透明」なり「平凡」なり「普通の人」なりを主人公像にする意図が何なのかが解明可能

これは「どこにでもいるタイプ」の主人公の姿を通し

「自分だってやれば出来るんだぞ」という「気分」を受け手に味あわせるのが狙いの描写であり

それの「解説」を行う事をも意図した場面だということが判明する

つまり「種明かし」の一種だと言う事が判明する描写

これが何を意味するのかというと

「やればできる」という「気分」を味わう機会の「提供」こそ商業誌のコンセプトであり

早い話「頑張れ」と言う「メッセージ」を受け手に発信するのが商業誌の役割であり

これらをわかるような形で打ち明けるのが今回の話の大筋だという事が判明するのである

これは「久美は一歩の引退を許さない」

及び「久美の一喝により一歩は現役続投を決意する」

及び「木村とイガクリとの対戦が行われる」

及び「鷹村がボクシングを行う理由が明かされる」の4点が今後の展開の大筋

つまり「諦めることなく頑張り続けることの尊さ」が商業誌のコンセプトであり

これに殉じた展開が「はじめの一歩」の今後の展開だという事が判明する