一歩と宮田の試合が流れた真相

 

ゲーム板をはじめとしたあらゆる派生作品で行われている一歩VS宮田

しかし原作ではこれが行われていない

原作の97巻を読めばこれの真相は何なのかが判明するのだ

「覚悟のカウンター」である

これのやり方の説明を宮田が行った

そして「命を投げ出す勇気と覚悟」及び「技術」を宮田は持ち合わせている

そう「開幕早々、覚悟のカウンターを放つ宮田に一歩は敗れた」という試合内容にしかならない

つまり「一歩と宮田を戦わせたところで宮田の勝利に終わる」という試合内容にしかならない

そして「宮田より強い」と作者に扱われているリカルドもこれができることになる

つまり「一歩とリカルドを戦わせたところでリカルドの勝利に終わる」という試合内容にしかならない

つまり「覚悟のカウンター」という名の「壁」により一歩は世界に敗れるという話にしかならず

「一歩VS宮田」とはそれの「きっかけ」になりうる試合だから

これを行うことが「できなくなった」のだ

これは「連載初期」の段階で「覚悟のカウンター」の存在に作者が気付いていた事を意味する描写であり

これを表に出すことを「決心」した事を意味する試合こそ

「一歩VS小島」だと言う事が判明する図式なのである

つまり「一歩と宮田が戦わない真相」を「打ち明ける」のが主目的の試合こそ

「一歩VS小島」だと言う事が判明する図式なのである

つまり「覚悟のカウンターを上手く使いこなせる」事こそ

一歩と宮田の試合が流れた真相なのである 

 

 

はじめの一歩(97) (講談社コミックス)

はじめの一歩(97) (講談社コミックス)