主人公像の正体

この号の「はじめの一歩」で「どこのでもいる感じのやつ」を主人公像にする意図が何なのかを明かす場面があるのだが

この内容から「無色透明」なり「平凡」なり「普通の人」なりを主人公像にする意図が何なのかが解明可能

これは「どこにでもいるタイプ」の主人公の姿を通し

「自分だってやれば出来るんだぞ」という「気分」を受け手に味あわせるのが狙いの描写であり

それの「解説」を行う事をも意図した場面だということが判明する

つまり「種明かし」の一種だと言う事が判明する描写

これが何を意味するのかというと

「やればできる」という「気分」を味わう機会の「提供」こそ商業誌のコンセプトであり

早い話「頑張れ」と言う「メッセージ」を受け手に発信するのが商業誌の役割であり

これらをわかるような形で打ち明けるのが今回の話の大筋だという事が判明するのである

これは「久美は一歩の引退を許さない」

及び「久美の一喝により一歩は現役続投を決意する」

及び「木村とイガクリとの対戦が行われる」

及び「鷹村がボクシングを行う理由が明かされる」の4点が今後の展開の大筋

つまり「諦めることなく頑張り続けることの尊さ」が商業誌のコンセプトであり

これに殉じた展開が「はじめの一歩」の今後の展開だという事が判明する

 

 

一歩と宮田の試合が流れた真相

 

ゲーム板をはじめとしたあらゆる派生作品で行われている一歩VS宮田

しかし原作ではこれが行われていない

原作の97巻を読めばこれの真相は何なのかが判明するのだ

「覚悟のカウンター」である

これのやり方の説明を宮田が行った

そして「命を投げ出す勇気と覚悟」及び「技術」を宮田は持ち合わせている

そう「開幕早々、覚悟のカウンターを放つ宮田に一歩は敗れた」という試合内容にしかならない

つまり「一歩と宮田を戦わせたところで宮田の勝利に終わる」という試合内容にしかならない

そして「宮田より強い」と作者に扱われているリカルドもこれができることになる

つまり「一歩とリカルドを戦わせたところでリカルドの勝利に終わる」という試合内容にしかならない

つまり「覚悟のカウンター」という名の「壁」により一歩は世界に敗れるという話にしかならず

「一歩VS宮田」とはそれの「きっかけ」になりうる試合だから

これを行うことが「できなくなった」のだ

これは「連載初期」の段階で「覚悟のカウンター」の存在に作者が気付いていた事を意味する描写であり

これを表に出すことを「決心」した事を意味する試合こそ

「一歩VS小島」だと言う事が判明する図式なのである

つまり「一歩と宮田が戦わない真相」を「打ち明ける」のが主目的の試合こそ

「一歩VS小島」だと言う事が判明する図式なのである

つまり「覚悟のカウンターを上手く使いこなせる」事こそ

一歩と宮田の試合が流れた真相なのである 

 

 

はじめの一歩(97) (講談社コミックス)

はじめの一歩(97) (講談社コミックス)

 

 

幕之内一歩は伊達に勝利しなければならなかった

ゲバラはサウスポーという設定の存在から

ゲバラ戦とは「幕之内一歩最後の試合」だと言う事が判明する

なぜなら「左ジャブをダックし、左フックを出そうと上体を伸ばす時に右パンチを左胸においておく」を行うだけで「ハートブレイクショット」が成立する

つまり「最強パターン=必敗パターン」という図式を抱えている

しかしサウスポーならこの戦術は出来ない(パワーとテクニックを十二分に出せない右を使わなければならないから)

つまりこの戦術だけで一歩は「敗北」する事を作者と講談社が認めた事を意味する設定

更にいうと「今更」というワードが試合直前に出ていたことから

「強敵のアイデアが底をついた」という事が判明する

つまり「ネタ切れ」を起こしている事が判明する描写であり

幕之内一歩が現役ボクサーとして戦い続けるのはもう無理」だと言う事が判明する描写

事実ゲバラに敗北している

 つまり「一歩はハートブレイクショットに耐えられない」という設定が存在するから

ゲバラはサウスポー」という設定が出来た

そして「右利き選手なら誰でも出来る戦術」を実践するだけで幕之内一歩は敗北するため

「サウスポー選手」であるゲバラと戦い敗北する必要があった

つまり「これ以上一歩が勝ち進むことは不可能」だと作者と講談社が認めたから

「サウスポーのゲバラに敗北した」が成立した

更にいうと「覚悟のカウンター」を小島が行った真相も

幕之内一歩が勝ち進むのは小島戦まで」と作者が決めていたからだと言う事が判明する

つまり小島戦の時点で「一歩は壊れている」及び「一歩は世界に敗れる」という筋書きが出来ている事が判明する

そしてその原因こそ「一歩は伊達に負けた」だということも判明する

何故なら「一歩はハートブレイクショットに耐えられない」という設定が「確立」する原因となる試合結果であり

この時点で「一歩は世界に勝てない」という図式が成立してしまったのである

更にいうと沢村戦の時点で「新型デンプシーロール」の原案が出来ている

言い換えれば「一歩は世界に勝てない」及び「一歩は壊れている」の2点もこの時点で用意されていた事が判明する

つまり「燃え尽きる寸前のろうそく」を表現するために小島戦が存在することが判明する

「ミニチュア版世界戦」を表現するために東洋王者3大会が存在する事が判明する

つまり伊達戦で負けた時点で「一歩は世界を獲れない」が成立してしまったのである

その「証拠」こそ東洋王者3大会と小島戦であり

「伊達戦で一歩を勝たせることが出来なかった」という作者の思いが反映された展開こそ

ゴンザレス戦とゲバラ

つまり「一歩は無敗の選手であってほしかった」が作者の真意であり

それが叶わなかった伊達戦を掲載した時点で

「一歩は壊れている」及び「一歩は世界を獲れない」というはなしを考えていたことが判明する

「ボクサーは一度敗れたらそれで終わり」が作者の真意であり

それが反映された展開でもある

つまり「幕之内一歩を世界王者にする」なら

伊達戦は一歩の勝利の終わらせなければならないことを講談社が理解していなかったことの「ツケ」が反映された2試合こそ

ゴンザレス戦とゲバラ

つまり「一歩がゴンザレスに敗北したのは一歩が弱体化していたから」がゴンザレス戦の真相だと言う事が判明する

つまり伊達に負けた時点で小島戦や東洋王者3大会やゴンザレス戦やゲバラ戦のプロットは出来上がっており

「ロングスパンで話を考える様になった」という作者のコメントは「事実」だと言う事が判明する

つまりハンマーナオ戦だけではなくゲバラ戦まで考えていたことが判明する図式なのである

つまり一歩は伊達に敗北してはならなかったを講談社が理解していなかった「ツケ」が今現在の展開であり

その「ツケ」を払う展開が今後の展開だと言う事が判明するのである

はじめの一歩(119) (講談社コミックス)

はじめの一歩(119) (講談社コミックス)

 
はじめの一歩(118) (講談社コミックス)

はじめの一歩(118) (講談社コミックス)

 

 

目的はもうわかっているんだ

https://www.amazon.co.jp/review/R2SR31ZQM1R4PB/ref=cm_cr_rdp_perm
https://www.amazon.co.jp/review/R3GU8ERUCJ79J0/ref=cm_cr_rdp_perm 
つまり「美人があえてしないこと」を「しない」奴へと自分を育てる事で
それをしてしまう「不細工」の事を「かわいい子供」扱いする奴へと自分を育てる
そうすることで「不細工」の事を「叱る」奴へと自分を育てる
そして「かわいい子供を叱りとおす」奴へと自分を育てる
つまり「体中に顔つき美人を纏う不細工の一部にする」へと自分を誘導する
早い話「化け物」の一部にするのが狙いの教育なのはもうわかっているんだ
つまり「体中に顔つき性器を纏う美人」とは「違う狙い」で行っている事が判明するのであ
「体中に顔つき性器を纏う美人」とは「オナニー」をし続ける存在を意味する
「体中に顔つき美人を纏う不細工」とは「共依存」を行い続ける存在を意味する
つまり「体中に顔つき美人を纏う不細工」が世の中を動かしているのはもうわかっているん
そして「体中に顔つき性器を纏う美人」が二次元業界を動かしているのももうわかっているんだ
だからどうやって計画を画策しているのか種明かしすることで
「美人が決めたルール」そのものを「おしまい」にして下さい
こんなものは必ずバレるし「自作自演は自作自演でした」という話にしかなりません
だから「自作自演以外にもできることがある」を「証明」するためにも
「まあこれ冗談ですから」の元「体中に顔つき性器を纏う美人」
又は「体中に顔つき美人を纏う不細工」に「戻る」を行ってください
お願いします

はじめの一歩はもう終わり

https://www.amazon.co.jp/review/R15UTLSIRVEOKB/ref=cm_cr_rdp_perm

 

          野郎は野郎でした, 2017/3/7

レビュー対象商品: はじめの一歩DVD-BOX VOL.1 (DVD)
ここまでの情報から、自分のレビューが原因で「2017年をもちましてはじめの一歩の連載は終了となります」という流れが「起きた」事が判明するのである
つまり二次元業界が自分のレビューをちゃんと読んでいる事が判明するのである
まず自分のレビューが原因で「覚悟のカウンター」には「前例」が存在することが判明し
「実は手を抜いていただけでした」が「覚悟のカウンターを行わない真相」だという事が「確定」されました
つまり「手を抜かれているだけだぞ」を「一歩扱いされている宮田」に「知らせる」のが「小島扱いされている唐沢の目的」だという事が判明したのである
そして「一歩と唐沢はちゃんと福井の試合を見ていた」事も判明するのである
何故なら「一歩扱いされている宮田の弱点」とは「足が使えない」事を指しており
「島袋」の名を挙げたのもそのためだからである
つまり「先に確実に渾身の一撃を入れる方法が存在するとしたら」の事を「一歩扱いされている宮田」は
「まさかあれを使うつもりなのか、あれが何なのか知らないわけではないだろう」と思っていた事が判明するのである
「一歩扱いされている宮田が小島扱いされている唐沢の事をにらむ場面」も
「覚悟のカウンターを使うって何なのか知らないわけではないだろう」を意図した場面にしか過ぎない事が判明するのである
つまり「足が使えない」から「覚悟のカウンターを使うチャンスがある」だけの話だという事が「宮田扱いされている一歩」には「わからない」
「覚悟のカウンターを使うというのは何を意味するのか」が「小島扱いされている唐沢」には「わからない」だけの話だという事が判明するのである
つまり「自分が何をするつもりなのかわかっていない」だけの話だという事が判明するのである
つまり「宮田扱いされている一歩」が語る「自慢話」の真相は
「板垣扱いされている今井が思い描く一歩扱いされている宮田のファイトスタイル」の「説明」にしか過ぎない事が判明するのである
つまり「対戦相手に手を抜かれているだけ」だから「一歩扱いされている宮田」は勝ち進んでいるだけの話にしか過ぎない事が
「宮田扱いされている一歩」には「わからない」から
「幕之内の事を知っているようで知らないんだな」と言われただけの話だという事が「宮田扱いされている一歩」には「わからない」
それを「一歩扱いされている宮田」に「知らせる」ために対戦を申し込んだだけの話だという事が
「一歩扱いされている宮田達」には「わからない」だけの話にしか過ぎない
これを「知らせる」という事は「お前に世界を獲る力はねーよ」を「告げる」をも意味する行為だという事が
「小島扱いされている唐沢」には「わからない」
そして「覚悟のカウンター」を実際に「使った」を「間柴扱いされている青木」と「ゲドー扱いされている福井」は行った
つまり「だからお前はだめなんだよ」の「原因」にして「青木は青木のままでした」なりの「原因」を作った事が「わからない」
さらに言うと「最強パターン対策」を「ゴンザレス」が行ったため
「千堂扱いされている梅沢」が「ゴンザレス」に勝ったところで
「じゃあ手を抜いたから一歩扱いされている宮田に負けたのか梅沢」にしかならなくなった
そしてこれは「やっぱり一歩扱いされている宮田に世界を獲る力はなかった」の「証明」にもなる
じゃあ「ゴンザレス」が「千堂扱いされている梅沢」に勝った場合はどうなるのか
これだと「梅沢は梅沢のままでした」という話になる
さらに言うと「コピーでは本物には勝てない」という「リカルド扱いされている鷹村守」の発言を裏付ける事になる
そしてこの発言を「証明」しなければならない性質上
「ゴンザレスはリカルド扱いされている鷹村守には勝てない」という事になる
つまり「やっぱりフェザー級世界王者はリカルド扱いされている鷹村守でした」は「不動」という事になる
「でも」の話であるが「リカルド扱いされている鷹村守」のしている事は「鷹村守扱いされている鷹村一」の「コピー」にしか過ぎない
つまり「やっぱり人類最強は鷹村一でした」という流れにしかならない
「ところが」の話であるが「鷹村一は鷹村守に負けた」という「現実の展開」は「あたり」である
さらに言うと「鷹村守は女子ボクサーに負けた」という「現実の展開」も「あたり」である
つまり「女子ボクサーのほうが鷹村兄弟より強い」という「現実の展開」も「あたり」である
さらに言うと「一歩扱いされている宮田は対戦相手に手を抜かれていた」という「事実」を「飯村」は「見抜けなかった」
つまり「コピー飯村はコピー飯村でした」をも「証明」したのである
そして「女子ボクサーとの交際を宮田扱いされている一歩は嫌がっている」という点もある
さらに言うと「鷹村守扱いされている鷹村一は宮田扱いされている一歩に対しカウンターのやり方を教えた」という点もある
これらが何を意味するのかというと「一歩の方が鷹村兄弟より強い」にして
「一歩本当は男性として育てられている女性」にして
「一歩を女性に戻したいのが女子ボクサーの真意」だという事を意味しており
「最悪の事態」を「想定」できるにして「覚悟のカウンターの説明ができる」にして
「一歩扱いされている宮田の黒星の原因は宮田が手を抜いていたからに気づけた」のが「宮田扱いされている一歩」だけだという事こそ
「鷹村兄弟より一歩の方が強い」にして「女性の方が男性より強い」にして「女性は女性のままでした」にして「野郎は野郎のままでした」の「証拠」なのである
つまり「野郎は野郎でした」が「確定」されてしまったのである
言い換えれば「一歩と宮田が勝負したとき勝利するのは一歩の方」だという事も「確定」されてしまったのである
「野郎の夢」である「人類最強は鷹村一」及び「宮田がフェザー級世界王者になる」が「崩れ去った」事により
「鷹村一が6階級制覇する」も「宮田が世界王者になる」も「ない話」となったため
「野郎は野郎でした」のもと「2017年をもちましてはじめの一歩の連載は終了します」が「確定」されたのである
つまり「野郎は女性に劣る」にして「野郎では女性には勝てない」にして
「野郎の体をしたところで女性は女性」にして「女性の体をしたところで野郎は野郎」が「証明」されたのである
つまり「元に戻しましょう」が「答え」でしたが「確定」されたため
「2017年をもちましてはじめの一歩の連載は終了します」が「確定」されたのである

二次元業界の事をどう思いますか

https://www.amazon.co.jp/review/R3E5MVDHLPTBSO/ref=cm_cr_rdp_perm

証左, 2017/2/24

序章体験版のデータ引継ぎができる事と、難易度設定まで引き継がれることと、セーブデータ扱いされていたことから
序章体験版が配布された時点で開発は完了していた事が判明するのである
これは「序章体験版の正体」で述べた「実験」が本当に行われている証拠なのである
つまり「編集」の「調査」を二次元業界が行っている事を意味する試みなのである
そして「フリーバトルモード」でキャラの口が動かないことと
イベントムービーではキャラの口がちゃんと動くことと
イベントムービーの長さから
イベントムービーは「アフレコ」を行うためのムービーでもあることが判明するのである
つまり「アフレコ」用に用意されたムービー以外での場面でしかキャラの口が動かない事が判明する図式なのである
これは開発費の大半を「出演声優へのギャラ」に使っている事を意味する図式であり
それ以外への使い道を「節約」している事を意味する図式なのである
「フリーバトルモード」でキャラの口が動かないのもそのためなのである
 

https://www.amazon.co.jp/review/R3QXUETQS1EYAR/ref=cm_cr_rdp_perm

枕営業が行われている証拠, 2017/2/24

Amazonで購入(詳細)
これは「出演声優と交際する」のが「主目的」の行為であり
先述の「開発が完了した後の空白期間」も「出演声優との交際」に使っていた事が判明する図式なのである
つまり「出演声優と枕営業を行う口実作り」を行うために本作は開発された事が判明する図式なのである
つまりこれに気づくと「編集」にとって困る事があるから
本作の事を「枕営業が行われている証拠物件」と扱わない事が判明するのである
これは「キャラとの付き合いより生身の人間との付き合いのほうがいいよ」を選んだ奴の集まりが
二次元業界だという事を「認めた」を意味する説であり
「人肌恋しいよ」に「屈した」奴の集まりが二次元業界だという事を「認めた」を意味する説なのである
つまり「二次元業界関係者になる=人肌恋しいよに屈する」という図式の存在を「認めた」を意味する説なのである
つまりこれを「認める」と「編集」にとって困る事があるから
本作の事を「枕営業が行われている証拠物件」と扱わない事が判明するのである
ここまでの情報から導き出される答えはこうである
「人肌恋しいよに答えてくれる存在」をキャラに求めているのが「編集」であり
「○○は結婚相手」という概念を「編集」が唱えるのもそのためだということが判明するのである
つまり「人肌恋しいよにキャラは答えてくれない」を選んだと連想したから
枕営業」の事を「編集」は「批判」しているだけの話だという事が判明するのである
つまり「人肌恋しいよにキャラは答えてくれる」を選んだ上で「生身の人間と性行為する」を行う方法があり
それ何かを「編集」は知らないから「枕営業」の事を「批判」しているだけの話なのである
ここまでの情報から導きださえる答えはこうである
「キャラを演じている状態の声優と性行為を行う」を行う事で
「人肌恋しいよをキャラに求める」と「人肌恋しいよを満たす」の両方を満たしている事が判明するのである
つまり「蒼き革命のヴァルキュリアのキャラを演じている出演声優と性行為を行うための期間」こそ
冒頭で触れた空白期間の正体なのである
つまり序章体験版配布を行った事こそ枕営業が行われている証拠なのである
 

https://www.amazon.co.jp/review/R21WMACKC7PFU7/ref=cm_cr_rdp_perm

          これが自分が二次元業界に訪れない理由です, 2017/3/7

ここまでの情報から「道具にそんな知恵ねーよ」なり「犬畜生にそんな知恵ねーよ」が根幹部分にある人達の集いが
二次元業界だと言う事が判明するのである
「ワンポ自作自演説」なり「眼鏡自作自演説」を想定出来なかったのも、そのためだと言う事が判明するのである
つまり「知恵のある道具キャラおよび知恵のある犬畜生キャラの正体は真のテレビゲーム統括者」だと言う事が判明するのである
つまり「道具の容姿」及び「犬畜生の容姿」になる事で「不細工との性行為を拒絶していない」を「表現」していると同時に
「だからお前は○○なんだよ」扱いされるのを嫌がっていない事を「表現」しているだけのものにしか過ぎない
「しかし」であるが「道具にそんな知恵ねーよ」も「犬畜生にそんな知恵ねーよ」も「本物」である以上
「おかしいぞこれ」という目で「知恵のある犬畜生と知恵のある道具」の事を見るはずである
つまり「わざと騙されている」からこれに気づかないだけの話という事になる
これは「犬畜生と道具を演じる美人は不細工の自作自演の産物の美人」だからだという事を意味しており
「だからお前は○○なんだよ」を「嫌がらない」が出来るのもそのためだという事を意味しているのである
それに「不細工はお呼びじゃないんだよ」を「不細工」に「わからせたい」のが目的なら
「不細工に対する心象を悪くする言動を行う不細工を演じる」なり
「だからお前は○○なんだよ」とは「どういうもの」かを不細工に「わからせる」試みを行うだけで済む話だからである
つまり「だからお前は○○なんだよ扱いされているから不細工と付き合うのは嫌だ」を「表現」するだけで済む話だからである
つまり「だからお前は○○なんだよ」に対する「苦情」を行うだけで済む話だからである
言い換えれば「だからお前は○○なんだよ」を「しない」とは「どういうもの」かを「わからせる」だけで済む話だからである
「だから自分は○○なんだと逆にそれ思い知るんだよ」を「味あわせる」事で
「だから自分はお前は○○なんだよ扱いされるのを嫌がっているんです」を「わからせる」だけで済む話だからである
つまり「だからお前は○○なんだよ」を「する」人達の集いが二次元業界だから自分は二次元業界に訪れない
言い換えれば「不細工と性行為したい美人」など「存在しない」事が「わからない」人達の集いが二次元業界だから自分は二次元業界に訪れない
「性行為しない道具」なり「性行為しない犬畜生」なり「性行為しない不細工」を演じてでも
「不細工とは性行為しない」を「遣り通す」のが「本物の美人」だという事が「わからない」人達が二次元業界だからである
つまり「知恵のない道具及び知恵のない犬畜生なり嫌われ者の不細工」を演じるのが「本物の美人」だという事が
「わからない」人達が二次元業界関係者だからである
たとえば「ダンガンロンパ」に登場する「玄関ホールに設置された機銃の正体は霧切響子」なり
テイルズオブファンタジア」に登場する「ホウキの正体はユグドラシル」なり
「HALO」に登場する「センチネルの正体はコルタナ」なり
逆転裁判シリーズ」に登場する「チャーリーの正体は我流霧人」なり
未来日記」に登場する「高坂王子の正体は春日野椿」なりといった具合である
つまり「真のテレビゲーム統括者に抵抗する存在」にして「裏設定がわかる受け手」こそ
「知恵のない犬畜生や知恵のない道具や嫌われ者不細工を演じる美人」だという事が判明するのである
つまり「真のテレビゲーム統括者」もまた「不細工」だという事が判明する図式なのである
つまり「不細工の自作自演」で成立しているから自分は二次元業界に訪れないだけの話なんです
つまり「不細工に対する心象を悪くする」という狙いは「うまくいかなかった」からこれを明かす事にしましたという話でもあります
何故なら「この人には気をつけて下さい」なり「裏設定がわかる受け手には気をつけてください」とは
「不細工の心象を悪くさせようと画策する美人が存在する」の事を「知っている」を意味する概念であり
「だからお前は○○なんだよ」の事を「利用」してでも
「不細工に対する心象を悪くさせる」を画策している事を「知っている」事を意味する概念なのである
つまり「不細工は不細工としか付き合えない」及び「美人は美人としか付き合えない」が「証明」されたため
これを明かす事にしましたという話です
つまり「実は美人」だからこそ「知恵のない犬畜生」や「知恵のない道具」や
「嫌われ者不細工」の事を嫌がっていただけの話にしか過ぎない事が「判明」したので
これを明かす事にしましたという話です
つまり「知恵のある犬畜生」なり「知恵のある道具」なり「八方美人不細工」の存在を「ある話」にする方法はちゃんと存在しており
それ何かを用いる事で「美人を演じる」を行っているだけの話だという事が判明するのである
しかし「よく考えてみればおかしい」を連想させる言動を行っている以上
「やはり不細工は不細工のままでした」なり「やはり犬畜生は犬畜生のままでした」なり「やはり道具は道具のままでした」が「答え」にしかなりません
だから種明かしする事で「美人と知恵のない犬畜生と知恵のない道具しか存在しない世界」である
「裏設定がわかる受け手の集い」へと自分を連れて行ってください
お願いします
 

娯楽産業をおしまいにしてください

勤労と勤勉は人間の性なり

「たとえ何があっても就学と就労を嫌がってはいけないんだぞ」こそ娯楽産業の言うことだという話にしかすぎません
そして「勤勉と勤労は人間の性」だと言う事が判明した今
娯楽産業を続ける必要はありませんという話です

 

https://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A11Q82DOTWEWS2/

 

www.amazon.co.jp

5つ星のうち 5.0 娯楽産業をおしまいにしましょう, 2017/2/18
「ちゃんと就学と就労を行うんだぞ」こそ「娯楽産業のコンセプト」である
そして「勤勉と勤労は人間の性」だと言う事が判明した今
娯楽産業を続ける必要はありません
だからどうやって娯楽産業を考えたり、娯楽産業と付き合っているのか種明かしすることで
娯楽産業関係云々全般を「おしまい」にしてください
お願いします